blog index

収納・整理整頓のコツ

毎日の生活で忘れることができないのが掃除。でもつい、ちらかしぎみになってしまうことも。整理整頓と収納のコツを考え直してみたいと思います。
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
5.収納の分類は単純に、見える形で-1
JUGEMテーマ:お仕事
おおざっぱな収納においては、柔らかい物、固い物、プラスチックと、せいぜい3つの分類で収納していきます。しかし、ここで注意しておかなければならないのは、何が収納されているのかを見える形で収納しておくことです。この場合、狭い、閉じられた収納空間に仕切りを2つして(3分類に分けて収納する場合)、ぽんぽんと入れておくこともできますが、収納物が崩れやすくなる点、奥にある収納物を取り出す場合に不便である点を考慮すると、仕切りではなく、重ねて置ける、大きいプラスチックケースを複数個用意しておくとよいと思います。ただし、中が見えにくいものではなく、中が見えるものである必要があります。仕切り、仕分けをおおざっぱにする反面で、探しやすい工夫を凝らす必要があるのです。。収納しやすく、それでいて探しやすい工夫を凝らすことが収納には大切な要素です。

ところで、プラスチック製の収納ケースにはさまざまものがホームセンターなどには置かれています。その中で、3分類だけで収納をする場合には、積み重ねができる形をしたもののうち、できるだけ深く大きなものを選択します。また、同時に、蓋式のものと引き出し式のものでは、後者を選びます。というのも、蓋式のものでは、積み重ねてしまうと、後で中身を取り出すのが難しくなるからです。さらに、細かい点ですが、個人的な経験から言えば、正面の引き出し部の周囲の枠は、できるだけ狭いものを選びます。それは、収納でいっぱいとなったケースでは、引き出しの枠に中身が引っかかって四苦八苦する場合があるためです。同じ規格の製品を選択することも大切です。積み重ねるための溝が各社微妙に異なっているため、収納ケースの積み重ねで思わぬ失敗をすることがあります。この点も、ケース選びに当たって注意すべきことです。

| | 整理整頓の収納 | 17:00 | comments(36) | trackbacks(0) | pookmark |
4.収納はおおざっぱに考えよう!-2

そこで、時間差で生じてくる収納必要物をうまく収納し切っていくには、重要なことは、場所的な基準を使わないことです。その代わりとして、素材で分けていくとよいでしょう。しかも、素材による分類を細分化せず、おおざっぱに3分類程度に分けて収納します。1つの例として、個人的には、この2分類を、紙(柔らかいもの)、プラスチック・金属(固いもの)に分類しています。こうして収納しておくと、新たな収納物が、紙もしくは柔らかいものか、それとも金属類あるいは固いものか、という簡易な基準で収納ができます。この2つの分類だけでは偏りが大きく、大きい方から見つけだすことが将来難しいことが予想される大家族などの場合には、プラスチックの分類を第3に入れておくと大まかな収納としては間に合います。こうしておくと、以降の収納が簡単に運ぶだけでなく、物を見つけたい場合にも特定の領域に集中できて、探すという点からは利便性が高い。収納の大変さは収納時よりもむしろ収納後に物を探すところにあることは誰の目から見ても明らかでしょう。収納に悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょう。
| | 住まいの収納 | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4.収納はおおざっぱに考えよう!-1
狭い空間に多くの物を収納しようとする場合、同時にさまざまなことを考えながら収納していきます。収納物の大きさ・重量、必要性の緊要度などなど。しかし、時間差で、今後収納が必要となる物に思いを巡らせて収納を考えている人は恐らく少ないでしょう。それは、1つには、何を収納することになるかがその時点で分からないということが上げられます。収納する必要が出てくるごとに対処すればよいということです。しかし、たいてい、収納するのが必要な物が出てきたときには、先に収納した物を出さざるを得なくなります。また、当初計画した収納物の分別収納の原則は、収納物が後から後から追加されるごとになし崩しになっていきます。「あれ、どこに入れたっけ」ということは誰もが経験することです。

時間差で収納物が増えていくと、せっかく分かりやすく仕分けした以前の収納物がシャッフルされ、結局、いつの間にか仕分けしていない状態に近くなっているもので、これが収納物から目的の物を探すのを難しくしている原因です。なぜ、仕分けがシャッフルされてしまうのでしょうか。それは、基準となる仕分けの原則が具体的過ぎるという点が上げられるでしょう。すなわち、この辺りに台所用品、その上に、トイレ補充用品、その隣りに…などなど、具体的にどこで使うかという場所的基準で仕分けしているため、後から収納する物の仕分け作業が面倒になり、また、スペースの問題で、本来の持ち場とは異なる場所へ収納せざるを得ない状況が出てきてしまうのです。仕分けが細かければ細かいほど、収納は難しく、かつ、シャッフルされる可能性が高くなっていきます。
| | 整理整頓の収納 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3.開かれた空間を利用しよう!-2
「開かれた収納」というのは、通常では、収納という概念を使わない、日常生活の中心となる空間を収納スペースとして活用するという考え方で、「見せる収納」という言い方がなされているようです。ただし、「見せる収納」と「開かれた収納」とでは、前者が、人の目から見て心地よいものという観点から収納を考えている点、収納物を一種のインテリアとしてのとらえ方をしています。つまり、「見せられない」物は「見せる収納」の対象物には入らないということです。これに対して、「開かれた収納」とは、単に広い空間を有効活用しようという方向で収納を考える考え方を示しており、その対象となる物自体も、「見せる収納」だけでなく、「見せられない」物を、工夫して、「収納」といえる形に変えようという方向で考える、いわば「見せる収納」の上位概念、「見せる収納」を含む包括概念です。例えば、物の形状や色彩を考えて一種の立体的なジグソーパズルのようにきれいに積み上げられたものは、たとえ個別の物が「見せられない」物であったとしても、全体としての調和で、その「不備」は、見えているのに見えていない状態を作り出すことが可能です。もっともここまで手がこんだものでなくても、「無造作に放っておかれた状態」の「見せられない」物を、「人為的に工夫されている」と思われる程度に、並べる、積み上げることで、全体として「見せる収納」にしてしまおうとする発想です。狭いスペースにできるだけ多くの物を収納しようとする場合、物の形状や重量、必要性の緊要度などを総合して、あれこれ考えを巡らしながら収めようとするものです。その考えるエネルギーを、広い空間に「収納」するのに当てるのです。広い空間には、必ず遊んでいるスペースというものがあります。空間の有効活用と「見せる」を融合させた「開かれた収納」は、物が余った豊かな現代生活の中の「負」の側面である「捨てる」に、歯止めをかける一工夫です。

| | 整理整頓の収納 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3.開かれた空間を利用しよう!-1
収納という言葉の響きからいえば、狭く閉じられた空間に入れる印象を受けます。整理、整頓ということと同様、収納とは、無造作に散乱したものを、一ヶ所に集めてきて全体の表面積を狭くするイメージを持ちやすく、かつ、一般的にはそれは正しい収納のとらえ方です。狭くしたものは狭い場所に入れておく(しまっておく)と、何なく気持ちが収まった感じがするものです。狭い場所に、外から見えない形でしまっておくことを、ここでは「閉じられた収納」と呼ぶことにしましょう。さしずめ冷蔵庫に食品類を収めるような収納法といってよいでしょう。これに対して、日常的に行動する場としての空間、例えば台所、居間、客間、寝室などの空間に、見える形で日用品類を置くことは収納とは決して言わないでしょう。しかし、狭い空間に外から見えない形でしまうことが収納というならば、広い空間にしまっておくことも一種の収納とみてよいでしょう。そもそも、狭い広いという区別自体、相対的なもので、脱衣場の空間よりも居間の空間の方が広いという、居住空間の比較から出てきたものです。居住空間自体を1つの空間としてみれば、その中を仕切って、各空間に利便性を考えた上での場所的特性を与えただけです。そういう意味では、広狭すべての空間が収納の対象になっても構わないわけで、ここから「開かれた収納」という考え方が出てきます。
| | 整理整頓の収納 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2.収納の形-2
他方、これに対して、本来、閉じられた収納空間に入れておくべき物を、開かれた空間である、私たちが日常的に直接触れている生活場所に置くことがあります。例えば、掃除機などは外から見えない収納空間に入れておくべきところ、デザインのよい掃除機を外の生活空間において一種のインテリアにしてしまう場合には、生活空間という開かれた空間自体を一種の収納空間としているとみることができます。このようなスタイルは、個人の感性によって決定される度合いが大きいものとして、主観的収納と呼べるでしょう。

他方、狭い脱衣場に便利だからといって多くのものを収納するスペースを設けることは、かえって脱衣場としての利便性を削ぐことになりかねません。これは、場所的、構造的な制約として絶対的収納の範疇に入ります。これに対して、客間など、ある程度のスペースを有している場所に、仕切りを設けて、収納スペースを設けることは、場所的構造的な制約を受けない収納として、相対的収納といえるでしょう。

このように、収納の形は、2つの大きな枠組みの中に、相反する収納パターンをそれぞれ有しているとみることができます。そして、その組み合わせの中で、最も収納の形として客観的に便利なもの、かつ、主観的に満足いくものが、最適な収納といえることになります。

| | 住まいの収納 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2.収納の形-1

収納には、生活のスタイルに合わせて、さまざまな形があります。また、収納の方法は先にお話したように十人十色です。だれかやってもだいたい同じような収納の仕方になる場合を、ここでは「客観的収納」と呼ぶことにしましょう。これに対して、個性的で独創性が富んだ収納を、「主観的収納」と呼ぶことにします。他方、住居の構造から収納の場所が決まってくる場合に、その収納をここでは仮に「絶対的収納」、柔軟に収納場所自体を変容できる場合を、「相対的収納」と呼んでおきましょう。「客観的収納」と「主観的収納」の違いは、人としての生活スタイルで決まってくる収納の区別であるのに対して、「絶対的収納」と「相対的収納」は、主として場所的特性で決まる収納の分類です。

例えば、台所には台所用品類を収納するための収納空間が必要となります。リビング、バス・トイレ、寝室、客間、廊下その他についても、同様にして、適材適所、すなわち生活スタイルとして当該空間が予定している物を収納するための場所が必要となります。まさか台所にトイレ用品を収納できるスペースを、場所的制約を除いて、積極的に設けている住居は見当たらないでしょう。これは、だれもが同一に収納する形として、「客観的収納」といえます。
JUGEMテーマ:家庭
| | 収納術と整理 | 17:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
1.収納は人なり
収納を辞書で調べてみると、品物をしまいおさめることとあります。辞書的な意味における収納の概念には、何をしまいおさめるかという観点はあっても、どのようにしまいおさめるか、という側面はありません。もちろん、そこからは、収納が人の性格や人生に関わっているという側面を垣間見ることはできません。

しかし、収納という人の営為には、人のライフスタイル、もっと言えば人の人生と切っても切れない関係があると考えられます。収納という概念は、古今東西、共通した生活上のテーマです。衣食住という側面から収納をとらえた場合、人と物に入れる生活空間を快適にするための工夫と定義できそうです。

文は人なり、といわれます。文章のスタイルすなわち文体、文章に含み入れる意味、そして文章の流れ、これらは総体として人の性格を表しているのですね。収納に関しても同様のことが言えます。収納は、住空間の容積や形状がまったく同じであっても、人が変われば収納の仕方が異なります。収納を見れば、ある程度その人の性格が分かるのです。まさしく収納は人なり、といったところでしょうか。

| seiri-siton | 収納・整理の考え方 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
整理整頓の方法 如何にしてゴミ屋敷を救うか
整理整頓の方法が分からない、そして部屋がほとんどゴミ屋敷寸前という方のために起死回生の整理整頓方法をまとめました。はっきり言ってこれは最後の手段です。でもほっておくと散らかってしまう人はこういうことができなければ周囲に迷惑をかけるゴミ屋敷の主人と後ろ指を指される人間になってしまうことを覚悟してください。

まず、整理整頓の方法その1

ハウスクリーニング業者に依頼する。
もう、頼んでください。子とここに至ってはあなた一人で片付けるのは無理です。潔く他人に頼んでください。ここでぐずぐずしていると一生片付きません。整理整頓の要はその場で片すことなんです。それで掃除をする前に現在の部屋の惨状を来てもらい、どの状態まですればやってもらえるか訊きます。


整理整頓の方法その2

ごみ収集日を調べ、いつまでに何を捨てるか決定する。
いままでだらだらやってきました。今すべき整理整頓を明日に延ばしてこうなってしまったのです。箱や70リットル入りのゴミ袋を用意してください。整理整頓の要は思い切って捨てることです。そのときに残すものと捨てるものを選別します。残すものを詰めた箱は玄関の外に積んでおきます。コミ袋は収集日まで室内に仮置きしてこまめにゴミを捨てるようにしてください。

整理整頓の方法その3

とりあえず部屋には何もなくなったので掃除機をかけたり、カーペットや敷物をはがして念入りに掃除してください。清掃後に箱を入れて、さらに収納と廃棄を繰り返します。つまりとっておいたものの中なら更に捨てるのです。だってそれをとっていてもまたゴミ屋敷の繰り返しです。その際の整理整頓のコツは期間で割り切りましょう。3ヶ月経っても一度も取り出さないものは捨てます。心を鬼にしてください。

| | 整理整頓の収納 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
玄関の収納術
収納術といっても魔法の方法があるわけではありません。本当は収納術に頼らずに部屋を整理整頓してほしいのですが、ほおっておくとどうしても部屋が散らかってしまうという方もいるでしょう。そんな方のためにちょっとした工夫をお伝えします。

玄関の整理整頓収納術についてですが、よく靴が溢れている方がいます。それは玄関の収納術の問題ではなくもう許容量を越えているわけですね。たくさんあっても履ける靴は一足だけです。古くなった靴は傷みます。何年ももつ靴というのは実はそう多くないのです。断腸の思いで捨てましょう。

玄関の整理整頓・収納方法ですが、100円ショップに靴専用の収納グッズがあります。普通の倍の収納が出来るようになってます。1足目をつま先から入れ、2足目はつま先を手前にして重ねて行く方法です。これで玄関もすっきりしますね。

ついでに言うと玄関の収納術だけでなく、整理整頓はしておいたほうが良いです。というのも、玄関は全ての入り口にあたりますので、こういう場所が雑然としていると悪い運気が滞留してしまいます。玄関口をキレイに整理整頓することで良い運気を呼び込みましょう。

| | カラーボックスと収納 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

bolg index このページの先頭へ